PR

どんなパソコンがほしいのか?、

    こんにちは、


  今回はどんなパソコンがほしいのか?ということを書いてみようと思います、

  長々パソコンについて書いてきましたけど、パソコンを買うということは結局のところ、自分にとってどのくらいのパソコンがいるのかという事情や都合になると思います、

  私も調べていて悩んでいたのですが、最終的にわかったのパソコンのことではなく、私が必要としているパソコンの性能でした、


  パソコンを買うということは自分の需要を知る、自分が必要としているレベルを正確に把握するための作業という意味が強い、

  私は最初のころ、パソコンでゲームをするからにハイスペックな物が必要だと思っていました、

  しかし調べてみると、今のパソコンはオーバースペックなので、私に必要とされるレベルはかなり低く、高性能なパソコンは必要ではなかった、

  調べれば調べるほど、私の考えていた想定が勘違いだったことに気づき、考えていたものの半分くらいの性能で十分なのがわかりました、


  パソコンに関しては色々調べたのですが、その中で面白いショップがあって、そのショップはBTOというオーダーメイドで作る会社なのですけど、その会社では既製品を売ってなかったんですね、


  どういうことかというと、BTOショップといってもほとんどの場合、出来合いのものをちょっと変えれる様にして売るのが普通なのですが、

  その店ではお客さんと相談をして、どの程度の性能が必要なのか、そしてその必要性からどのパーツがいるのかを相談していって一つ一つ作るような、そういうスタンスを持っていた、


  後から思い返してみて、パソコンを買うというのは結局そういうことだなと思ったのですけど、パソコンを買う場合、いまはスペックが非常に高くなっているので昔言われていたような、高い性能のものを買っておけば長く使えるとか、そういうことがない、


  たぶん普通に暮らしていたら使う機会がないレベルのスペックになっているので、性能のいいパソコンを買うべきだというのが、そもそも成立しない、

  たとえば高性能PCだとメモリが10ギガ以上あるが、メモリを10ギガも使うのは普通の方法では無理なので、そういうパソコンを買ったとしてもそのメモリを使う機会は、下手をすると半永久に来なかったりする、

  CPUに関してもそうで、いまハイスペックと呼ばれるCPUの性能はほぼ使う余地のないもので、日常的な行為でその能力を使うことはない、

  ビデオカードは多少使う機会はあるけど、パソコンでゲームをする人はそんなに多くないですから、これも使う機会が少ない、

  HDなども、大容量化してそれを使い切るかというと、ほとんど使う機会はないでしょう、

  
  そう考えると、今の時代パソコンを買うとすれば、どの程度でいいのかという加減が難しい、

  昔はひたすらハイスペックであればよかった、ある意味スペックがないとできないことが多かったので、スペックを引き上げることが重要だったが、

  いまは性能が上がっているので、引き下げるほうがどちらかといえば重要になってきていて、自分の使う用途に合ったあまり性能の高くないパソコンをどう探すかが、重要になっているように思う、


  まあ、単純に高性能を買っておけばいいという意見もあるかもしれませんが、そうすると無駄な出費になってしまうので、自分の日常的に使うレベルとパソコンの性能のバランスを取ったほうがいいと思う、


  そこで上で書いたショップの話につながるのですが、多くの人にとって必要とされるパソコンのスペックはそんなに高くない、
  
  私のようにゲームをする人間であっても、その要求はかなり低いものになる、

  だからそれを指摘する存在が必要だなと思って、そういうものがあれば私も何十時間も調べずにすんだし、パソコンを買うのも簡単にできた、
  
  ショップとしては高いものを売らなければいけないのだろうけど、何か売り方が間違っているというか、そんな感じがしました、


  いまパソコンを買うならば、まず徹底的に自分が何をするのかを考え、箇条書きにしてみるといいと思います、

  そしてその一つ一つの必要なスペックを考えていって、それに合致したパソコンはないかと考えれば、変な寄り道もせずに何を買うべきかが見えてくると思いますが、


  パソコンを買うときに一番難しいのは、自分がどんなことをしたいのかの条件がわかり辛い事と、そのスペックを満たすパソコンをどこで買えばいいのかが分り辛い所、


  他の分野だとあるじゃないですが、たとえば自動車保険の相談とか、車のスペックや日常的な使い方から保険の条件を決めるものがありますけど、あれと同じようなものがパソコンにもいると思います、


  今のパソコンはある意味逆に難しくなっていて、性能が高い分使い道のないハイスペックパソコンを買う可能性が高くなっているので、自分にあったパソコンを探すのが大変である、


  だからパソコンを買うときは自分の日常的な使い方と、それに合致する選択肢を探していくという、普通といえば普通の話だけど、その実、結構難しいことをしないといけない、

  パソコンを売っているところを見ていると、高い性能のほうがいいとついつい思ってしまうけど、今売っている高性能パソコンは日常的には使う機会のないハイスペックPCなので、
 
  昔みたいに、日常的に使う用途に合わせて高性能を選ぶのではなく、自分の使うレベルに合わせてあまり高くないスペックを探していったほうが、自分に向いているパソコンを見つけやすいと思います、



☞ 関連記事
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
PR
PR ミク ia gumi 3,2,2
PR dvd
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
株式ゲーム


by WANPA

パズル