PR

CPUの話、

    こんにちは、


  今回はCPUについて書いてみようと思います、

  今はCPUの種類が多く、またちょっと見ただけではどんな性能なのかわかりづらいところが多い、

  というわけでそういうことを説明してみると、


  まずCPUはインテルのものとAMDのものがあります、そしてゲーム用途としては昔はAMDが鉄板だったのですが、最近はどっちでもいいようです、

  それでインテルから説明していくと、インテルのCPUはCoreシリーズというものがあって、その名のとおり複数のコア(CORE)を持ったタイプのCPUで、

  本来CPUはひとつのコアで処理をするのが普通だったのですが、専門家が使うコンピューターでは複数のCPUを一つのCPUに見立てて使うのが普通だったので、その技術が応用されてこうなったようです、


  そのCOREシリーズに関しては、性能はここにベンチマークがあるので参考にしてもらえばと思いますけど、

  CPUの種類として、

  Core i7、Core i5、Core i3、Celeron、Core 2のシリーズがあります、

  一部 Pentiumがついたものもありますが、あまり使われないので大体は上の五つになると思います、

  で、それぞれの性能ですが、Coreシリーズは複数のものがあって、Coreという名前の後に数字がつくのですが、その数字が大きいほうが性能が高いです、


  中古を買うときや、安いパソコンを買うときは注意が要るのですが、たとえばCore5の3000番台とか2000番台とか、後は数百の数値のときとか、混乱しやすいですが後ろの数字が大きいほうが最新型で、性能がいい場合が多く信用できます、


  ただ、数字が小さいから性能が低いというわけでもなく、紹介したベンチマークを見てもらえばわかるように、2000番台と3000番台の同じCORE5の性能はそれほどは変わらないので、

  後ろの番号の意味は、最近の技術に対応しているかとか、マザーボードに対応しているかという意味が強く、純粋なCPUの性能というよりは、最新のシステムに組んでも機能しますよという意味です、


  なので普通に買うならば番号の大きいものを選んでおけば間違いはないのですが、CPUの性能自体はそれほど大きく変わらない場合ものあるので、リスクはありますけど古い型のCPUを選ぶのもひとつの手段ではあります、


  それぞれのCPUを詳しく説明していくと、

  まずCoreⅰ7、これが一番性能が高いもので、いまのインテルのCPUは単純な処理能力を上げるよりも、複数のコアを使って並列的な処理を重視する傾向があるので、単純な処理能力自体はそれほど高くはないのですが、複数のCPUの並列処理ができるので、重い処理や複雑な処理に力を発揮します、

 
  ただ日常レベルでいえば使う機会はあまりなく、さらにゲームなどは並列処理は重視していないので、このCPUを使ったからゲームが早くなるということはないです、
 
  このCPUは非常に高性能だけど、そこまで使う機会があまりないので、そこら辺が微妙なところです、


  次にCorei5というCPUを見ていくと、

  これがミドルクラスCPUの代表で、基本的にこのCPUを買っておけば問題はありません、

  性能は良くもなく悪くもなくですかね、Corei7よりもコアの数が減っていたり、並列処理能力が下がっていたりしますが、日常的なレベルでいえばそういう能力を使うことはありませんから、普通の用途ならばこのクラスがベストだと思います、


  ゲームに関しては、ほとんどCorei7と変わらない能力があります、そしてCoreiの5と7にはTurbo Boostという機能があって、負荷が重いときは一時的にCPUのクロック(性能みたいなもの)を引き上げる機能があるので、ゲーム用途でいえばこのCPUがベストだと思います、


  ただし、最近はCPUの基本クロックが上がってきていて、ターボブーストがあってもなくてもあまり変わりがなく、更にゲームの場合CPUは重要ではなくなってきていますから、環境や状況によってはもうひとつランクを下げてもいいと思います、


  そしてCorei3ですが、私が買ったパソコンはこのCPUにしたのですけど、Corei3の特徴は上の二つは複数のコアを動かすものなのですが、このCorei3は二つのコアで動作し、それを擬似的に二倍にして4つのコアで動かすシステムを持っています、


  上の二つに比べると実質デュアルコアですから、複数のコアという面では性能が低いのですが、私はゲームくらいしか負荷のかかることはせず、またゲームはデュアルコアが基本なので、デュアルコアのCorei3以上は使わないかなと思って、これにしたのですけど、


  確かにCorei5のほうが性能はいいのですが、一般的な使い道ならばあまり変わりがなく、Corei3にはターボブーストもないのですけど、基本のクロックがかなり高いのであまり変わらないかと思い十分だと思ったのですが、

  一般的な用途ならばこのCPUでも良く、重いOSやソフト画像処理などとしないのならば、このCPUもいいと思います、


  後はセレロンですね、このCPUの名前は昔からあって、低コストで低い性能のCPUと思われていますが、

  実はいまのセレロンはかなり高性能で、ものにもよりますが最新のCeleron G1610は昔の高性能CPUくらいの性能があり、しかも消費電力が非常に低いのでなかなか使い勝手がいいようです、


  そしてゲームにも普通に使えるらしく非常に高性能らしいのですけど、問題があるとすればこのCPUは安いパソコン用という方向性なので、ゲーム用途のパソコンには入っていないんですね、

  高性能を目指すパソコンの場合、このCPUは選択肢に入っていない場合が多いので、実は高性能で何でもできるのだけど、パッケージ的に使える選択肢が少ないようです、

 
  自作をする方によれば、このCPUを入れれば何でもできる、非常に快適だという意見も聞くのですが、メーカーの考え方だとセレロンですから、安くて性能の低いパソコンにと考えてしまうので、

  このセレロンのCPUを使えば、高性能な物も作れるらしいのですが、構成的に安いものしかないので、ゲーム用途には向かないようです、


  最後がCore 2シリーズですね、このCPUは新品で使うことはないと思います、基本中古用のもので昔のPCでは良く使われていたのですが、最近はほぼ使われることはありません、

  性能は今でも十分に使えるレベルなのですが、付属する周囲のパーツがだんだんなくなりつつあるので、今選ぶとすれば中古で数年持てばいい、そういう用途になると思います、


  そして忘れていたけどAMDもありましたね、長いな~~、

  AMDのCPUはインテルがスタンダードとすれば、奇をてらうのがAMDの特徴で、変わったCPUが多いです、

  それぞれを見てみると、AMDのCPUはAシリーズとFXシリーズがあります、


  二つとも結構特徴があるのですが、まずAシリーズというのが変わっていて、このCPUは実はビデオカードなんですね、

  ビデオカードというのは小さなパソコンみたいなもので、ビデオカード上にCPUとメモリを乗っけて、グラフィック処理をパソコンとは切り離して行うものなのですが、


  それをパソコン上でやろうというのがこのAシリーズの特徴で、上でも書きましたが最近のCPUは複数のコアで動かすことが多い、
  
  ということは一部のコアをパソコンの処理に向けて、それ以外のコアをビデオカード的な処理に向ければ、CPUだけでビデオカードのような処理ができる、そういう設計で作られている、

  なのでこのCPUを使えば物にもよりますが3Dのゲームも動きます、あまりに重いゲームの場合は難しいかもしれませんが、普通のオンラインゲームならば多くの場合動くと思います、


  ただそういう設定であるので、単純なCPUの性能は低めで、インテルのCPUと比べると性能は低めなのですが、ビデオカードを刺さなくてもかなりのことができるのは魅力で、面白いCPUではあるようです、

  使っている方によると、WIN8のタブレットタイプのものにこのCPUを使ったら、非常に使い勝手がよかったらしいです、

  グラフィック能力が非常に高いですから、ビデオカードがさせないような機器で使うと大きな効果を生むのですけど、

  普通のパソコンの場合性能が中途半端なので、あんまり評判はよくないようです、


  ただ日常的な処理能力は高く、AMDのCPUはインテルと違って、並列処理よりもコアの処理能力を上げていく方向性があるので、単純な処理能力、たとえばエクセルの様な日常的な処理には向いていて、実はいろいろとメリットのあるCPUではあるのですけど、

  あまり一般化されていないことと、メーカーが理解して売っていないので、このCPUの乗ったパソコンを買うのは安定はしないと思います、


  そしてFXシリーズというのは、こちらは単純にCPUのクロックを上げていく方向性を持っていて、CPU一つ一つのクロックを上げていく方向性を持っています、

  じゃあそれはすごい性能なのかといわれると、インテルには負けているようで、頑張ってはいるのだけどねぇみたいな、巨大資本には勝てないなという現実があります、


  ただ全般的にAMDのCPUは安いので、パソコンを安く作れるという点では魅力なのですが、安定性の問題、後はブランドの安心感がないというところもあるので、性能はいいのだけど問題点もあります、


  全般的にいうと、一般用途でいえばインテルのCorei3か5、もしくはセレロンの一番いいの、

  AMDはどれもそんなに悪くはないのですが、ブランドに対する信頼感がないというのがあります、  

  ゲーム用途も大体似たようなものですかね、セレロンはビデオカードが刺せないので無理だと思いますが、インテルのCorei3か5、もしくはAMD形のCPUならば問題ないと思います、


  いまはCPUの性能が非常に高いので、ミドルクラスを買っておけば大概の用途では問題は起きません、エンコードなどの特殊な用途の場合はいいCPUのほうがいいのですけど、それ以外では全くといっていいほど差がないので、ミドルクラスを買っておけば大丈夫だと思います、


☞ 関連記事
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
PR
PR ミク ia gumi 3,2,2
PR dvd
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
株式ゲーム


by WANPA

パズル