PR

ケース、電源、マザーボードの話、

    こんにちは、


  今回はケース、電源、マザーボードの話を書いてみようと思います、

  面倒くさいのでまとめて書こうとか、そういうわけではないのですが、あまり書くこともないかなと思いまとめてみたのですけど、


  で、まずケースについて書いてみると、ケースにはいくつかの種類があります、

  大きいのがATXケースで、これは一般的な用途では一番大きなもので、高性能なパソコンで使われることが多いです、

  次がマイクロATXケースで、これはATXよりも少し小さめのもので、一般的なパソコンでよく使われます、

  後は、スリムタイプと呼ばれるもので、小型のケースを使います、これは規格がなく色々な種類があるようです、


  スリムタイプはメーカーごとに違いがあるので、一般的にどうであるかとはいえないのですけど、

  ATXタイプは、ケースが大きいので冷却に向いていいます、なでのゲーム用PCでは使われやすく、

  また大きいので拡張性があり、BTOのパソコンでも良く使われます、


  マイクロATXタイプは、ケースが小さめなのでどんなパーツでも使えるわけではありません、特にビデオカードや電源などは、専用のものを使わなければならないことも多く、色々と制限が多いです、
  
  ただメーカーによっては、マイクロATXタイプでも拡張性を持ったものがあるので一概にはいえないのですが、あまり自由度がない場合が多いです、


  ゲーム用とでいえば、ATXタイプを買っておけばいいのですけど、大きくて邪魔なので、ゲーム用PCを作っているメーカーのマイクロATXタイプを買ってみるのも良いです、

  ものにもよるのですけど、内部構造を工夫して大きなパーツが使えるようにしてあったり、冷却に工夫がしてあったりするので、使い勝手が良いです、


  ケースについては、ゲーム用PCケースというのもあって、これはBTOメーカーが使うことが多いのですが、ケース全体を穴だらけにして空気の通りをよくし、さらに多くのファンをつけて冷却性をあげているものがあります、

  エアコンなどを使っている場合は普通のタイプでもいいのですが、あまり使わない方はパソコンは熱に弱いので、そういうタイプのものを買ってみるのもいいと思います、

  最近はパソコンの性能も上がってきたので、ゲーム用のパソコンも普通のものとそれほど違いはないですから、考えてみるのもいいと思います、


  電源に関しては、普通の用途ならば300~400ワットくらいあれば十分です、一般的なパソコンの場合その位の電源がついています、
  
  それに対しゲーム用はビデオカード分消費電力が増えるので、大体500ワット以上のものになっています、

  ミドルクラスのビデオカードならば、500ワットあれば十分なので、そういう電源がついていれば大丈夫ですが、   
 

  普通のパソコンにビデオカードをさす場合、電源の電力が足りず動かない場合があり、さらに高性能のビデオカードの場合は、1000ワットくらいの電源でないと動かないので、

  ビデオカードを増設する場合は、電源交換の必要がある場合があります、


  電源の種類では、80PLUSという基準があって、この基準は電源の質を表していて、質のいい電源を使いたければこの表示のある電源を選ぶといいです、

  この規格はゴールドとか色々種類がありますが、それほど大きな差はないので良い物を選んでみるのもいいと思います、


  最後にマザーボードですが、実はこれに関してはあまり詳しくはありません、一応ざっと目を通したのですが、CPUやビデオカードに比べると情報があまり多くなかったです、

  私が見ているところがたまたまそうだっただけなのかもしれませんが、マザーボードは重要なパーツなのですけど、正直どれがいいのか悪いのかわかりづらい、


  私が前使っていたパソコンはマザーボードが非常に不安定で、買ってからこのかた良く落ちたりしてたのですけど、後で調べたところによると起動時に問題を起こしやすいものらしく、非常に問題が多いものを使っていたらしい、

  さらに説明書に書いてあったCMOSの表記も逆で、逆のほうにスイッチを入れて動かしていたりしたので、それが原因で壊れたのではないかと思っているのですが、


  ともかく、マザーボードは重要なパーツなのですが、なかなか情報を得づらいところがある、
 
  特にCPUとセットになりますから、新しいCPUが出た場合マザーボードも新しいものになって、その性能や問題が見えないときがある、


  じゃあどう対策をすべきかというと、私が今回買うときにやったのは、マザーボードの型番をネットで調べて、どんな意見を言っているかというのを見ていました、

  詳しい性能を調べてもいいのだけど、CPUと違ってマザーボードは性能がよければいいというものではないから、評判から考えようと思ったのですが、あまり情報はなかったです、


  ただ批判的なものもなかったので、大丈夫だろうと思っていますが、

  マザーボードは重要なパーツであり、できる限りいい物にしたほうがいいのですけど、

  なかなかどれがいいのかわからないので、ネットで型番を検索してどのような意見を言っているか、問題があるという意見はないか、そういうのを調べてみるのもいいと思います、


  本来であればメーカーやチップから考えてみるのがいいのでしょうけど、自作ではない以上そんなには選べないので、そうなると大体の評判や、機能から考えて想像するしかなく、ちょっとあいまいにはなると思います、

  前のパソコンはここで失敗したのですが、マザーボードはCPUなどに比べると調べづらいところがあり、また調べたところで自作ではないから、ある以上の対策は取れないので、一種の盲点のようなものになりやすい、


  一応安全策として、マザーボードの型番を検索し、どんな意見がいわれているか、どんな性能であるかを、ある程度調べておけば予防にはなりますが、

  そこまでこだわるなら自作しろという天の声が聞こえて来ますけど、完璧なパソコンを目指すならば自作までしなければいけないのかもしれません、



☞ 関連記事
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
PR
PR ミク ia gumi 3,2,2
PR dvd
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
株式ゲーム


by WANPA

パズル