カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「本の紹介 は行 」カテゴリ記事一覧

PR

ばけも 西尾維新 化物語 (上巻)

化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
(2006/11/01)
西尾 維新

商品詳細を見る


    西尾維新 化物語 (上巻)


  今日は本の紹介でもしてみようと思っています、といってもライトノベル的な本で、最近アニメとして制作されて有名になった、化物語という本について書いてみようと思っているのですが、


  この化物語という本、あとがきによるとダジャレから生まれた本らしいのだけど、この本では日本や西洋も一部含んでいる、妖怪とかそういうものをテーマにしているようです、


  文章の感じは、私の文章の書き方と似ていて、ちょっとまねしてみると、

  「それは、まだ見ない春、そんな感じだった、しかしそれが後になって、このような悲劇を生むとはその時は思えなかった、」


  こんな感じかなぁ、なんというか空白が多いというかな、話が分離していって、それが飛び石のように全体の流れを作る感じ、そういう文体の人です、


  まだ見ない春がなんなのかは私にも分からないのですが、まあともかくこの方の書き方は、飛ぶような感じ、ノリがいいというかな、そういうところがあります、

  だから会話の掛け合いが非常に面白く、しかもその会話が常に一八〇度反射しまくるような、ある種乱暴というか、激しいところもある文章の書き方をします、


  文章うぬんなんてあまり興味がない思うので、本の内容についてですが、この本では第一話 ひたぎクラブ 第二話 まよいマイマイ 第三話 するがモンキー の三話で構成されていて、この三つに関してはアニメで映像化されています、


  話のタイトルというのが、登場人物とそこで現われる妖怪(この小説では怪異と表していますが)を表しており、一話ではひたぎというキャラクターとクラブですから蟹が出てきて、二話ではまよいというキャラクターとマイマイですからカタツムリが出てきて、三話ではするがというキャラクターとサルが出てきます、


  それぞれの詳しい内容というものは、実際に読んでもらうしかないのですけど、全体の話としては妖怪とか言うものは、人の問題というものを表していることが多いので、そういう人間的な問題が怪異(妖怪)として現われたという、話になっています、


  そういう意味でいえば現代版昔話とでも言えるもので、私が違和感なく納得できた、興味をもてたというのはたぶん、そういう昔話的素養があったからではないかなと思っています、


  欠点としてあげると、ちょっと高いかなというのはありますけど、アニメでも見たあとにあそこはああだったかこうだったかと、考えるにはなかなか面白い本なので、もしよければ読んでみてください、


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
PR
PR ミク ia gumi 3,2,2
PR dvd
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
株式ゲーム


by WANPA

パズル